犬嫁日記

usausa0917.exblog.jp

京橋 とよ

屋台というものはそもそもおっさんの集う場所なのかもしれませんが・・・(^^;
すでにB級グルメとしてかなり有名な京橋の屋台『とよ』をご紹介します。

こちらの名物はなんと言ってもマグロでしょう!!
なんせマグロ屋台と言われていますから(^^;
コース料理がありまして、赤身コースとトロコースがあります。
コース内容は①カニ身とホタテの酢和え(ネギ盛) ②カッパ巻の上にウニ&イクラがてんこ盛の寿司(写真参照) ③赤身orトロの刺身(凍ってるのが難点・・・b0079436_207377.jpg

行くと必ずこのトロコースを注文します。あと必ず注文するのがまぐろのホホ肉。美味いんだな、コレが♪おっちゃんがバーナーでゴォー!って豪快に炙ってくれます。
あとね、うなぎの炙りも美味いッス!トロ鉄火も!!冬場はフグもあります。

冬はね、屋台って事もあってほんと~に凍えそうなぐらい寒いんだけど、焼酎お湯割り片手に時々電気ストーブにあたりながら食べるんです。最高ですよ♪(^^)

余談ですが、ここで飲んでる時にじゃらんの取材を受けた事があります。写真もバッチリ載りました♪


【 とよ 〒534-0024 大阪市都島区東野田町3-2-26 ℡06-6882-5768 】
※予約は可能ですが、席(立ち飲みなのでテーブル!?)を予約できるわけではありません。注文を予約できるだけです。まぐろのホホ肉ちゃんは売り切れる可能性があるので予約しておいた方がいいかもしれません。あたしも涙を飲んだ事があります。
行かれる方は並ぶの覚悟で行って下さいね。回転は割りと良いです。


★061114追記★
本格的に寒くなる前にと『とよ』に行ってまいりました~(≧∀≦)
いや~、何度行ってもここを超えるほどのお得感を感じるお店はないですね~。『とよ』最高です!
b0079436_2005270.jpg

今日は久し振りに激しい雨が降っていました。
雨でも営業しているとはわかっていつつも確認の電話を入れると
「ありがとうございま~す!やってま~す!!」という元気の良いおじちゃんの声。
でも、あたし達の心配をよそに雨はすっかりやんで、気温もちょうど良く、イイ感じでした♪

まずは「トロ&赤身コース」を2人前注文。下の写真はコースの「カニとホタテの酢和え」
b0079436_20426100.jpg

続いてコースの「ウニとイクラの寿司」。これでもか!というほどウニ&イクラがモリモリです!!
b0079436_2072398.jpg

コース最後の「マグロ赤身とトロ刺身」。トロは凍ってました(´ロ`;)
b0079436_209319.jpg

あたし達の好物、マグロのホホ肉ちゃんは売り切れてました(*≧д≦)o”
しかたがないので「ウナギ蒲焼1本」を注文。
b0079436_20102622.jpg

あと瓶ビール3本に焼酎を注文。4人で行ってお会計は1人¥1,970!激安ですっ!!
ウニとイクラをこれほど食べてこの値段なんてぇ~!死んでもいいくらいです(笑)

★070316追記★
b0079436_22394234.jpg母と2人で『とよ』に行ってきました。
いつも大人数でわいわい行くので
少人数で行ったのは初めてでした。

「母と」という事もあって、
奮発して「大トロコース」を注文!
1人前しか頼まなかったので
お寿司とお刺身が同じ皿に盛られて出てきました。

外で大トロを食べるのは確か初めてです。
中トロとは違う大トロの脂ののりにはびっくりしました!
口の中でまったり溶けていきます♡

中トロはよく凍ったままでてきますが
大トロは凍ってなかったです。


b0079436_22434567.jpg今回は17時半頃(開店とほぼ同時)に行ったので
前回、売切れで食べ損ねた
「マグロのホホ肉」は食べる事ができました(* ̄∀ ̄)"b"
これで1人前です。量多っ!

あと、大トロのお刺身を追加して〆ました。
飲み物は焼酎お湯割りを1杯づつ。
お会計は2人で¥5,500なり。
大トロのお刺身を2人前食べてこれは破格!

量的には少なかったと思いますが、
大トロの脂のせぃかお腹はいっぱいになりました。

あ、また取材に来られていて
(鹿児島テレビで、『とよ』のご主人が鹿児島の方だそうです)
うちの母はインタビューされ、色々しゃべりまくってました。
あのコメントは使われるのだろうか、、、?(^^;
[PR]
トラックバックURL : https://usausa0917.exblog.jp/tb/4416243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usausa0917 | 2006-04-17 20:16 | Trackback | Comments(0)